包茎手術保険

包茎手術に保険は適用可能か?

包茎手術にかかる費用は誰しも安く抑えたいもの。
費用を安く抑えるためにはやはり保険の適用が一番です。

 

包茎手術は、

 

  • 泌尿器科の医院
  • 美容外科

 

で受けることができます。

 

美容外科で包茎手術を受ける場合は、保険が適用されません。
保険が適用されるのは、泌尿器科の医院で手術を受ける場合です。

 

で、

 

泌尿器科で手術を受けるにしても、すべてのケースで保険が
適用されるわけではありません。

 

保険が適用されるケースというのは、
その包茎が病気として認定されているか否かです。

 

保険が適用される包茎は、

 

  • 真性包茎
  • カントン包茎

 

この2つのみとなります。

 

真性包茎は放っておけばペニスが不衛生の状態となり、性感染症にも
かかりやすくなることから、病気として認定されているのです。

 

カントン包茎についても、包皮の開口口が狭いために亀頭を圧迫し、
血流を阻害するばかりか衛星的に良くないため、性感染症にかかりやすい
ことから病気として認定されています。

 

日本人に一番多いとされる仮性包茎については残念ながら
原則として保険を用いた治療を受けることはできません。

 

しかし、

 

泌尿器科の中には仮性包茎でも保険を適用して手術を行ってくれる
医院もあります。こればっかりは、実際の診察を受けてみないと分かりません。

 

 

包茎手術の基本的な流れ

泌尿器科か?クリニックか?