包茎手術の種類

包茎手術の種類とそのメリット、デメリット

環状切開法と、そのメリットとデメリット

包茎手術の中でも最もポピュラーな方法。
泌尿器科で用いられる多くがこの環状切開法です。

 

勃起した状態から余分な包皮を計算し、余分な包皮を輪切りにして
切除し、接合口を縫い合わせる方法。

 

メリット
  • ペニスの性感帯である包皮小帯(裏スジ)を切除することなく、

    ペニスの性的感度を維持することができること

  • 手術時間が短いこと
  • 抜糸の必要がない

 

デメリット
  • 手術の痕が残りやすい。
  • ペニスがツートンカラーになりがち

 

 

亀頭直下埋没法と、そのメリットとデメリット

ペニスが勃起した状態を計算して余分な包皮を切除し、亀頭の直下で
縫い合わせる方法。縫い目が亀頭の直下で目立ちにくいことが特徴。

 

メリット
  • 縫合の痕が目立ちにくい
  • 裏スジを切除するケースがある

 

デメリット
  • 医師の高度な技術が必要
  • 術後の制約が多い
  • 包皮が元に戻ったり、亀頭が包皮に締め付けられるケースがある

 

 

背面切開法と、そのメリットとデメリット

包皮の先端、開口部分から縦にメスを入れ、亀頭が出た状態にして
広げて縫合する方法。皮にメスは入れるものの、取り除きはしません。

 

メリット
  • 手術にかかる時間が短い
  • 包皮を切除しない
  • 身体への負担が少ない
  • 傷の治りが早い

 

デメリット
  • 全身麻酔をかけて行うので痛みを感じることがない
  • 余った皮がたるんでしまう場合がある
  • 術後の見栄えがよくない

 

 

ナチュラルピーリング法と、そのメリットとデメリット

包皮を剥いて亀頭が出た状態にし、包皮の数か所を縫合して固定する方法。
皮を切除しないことが特徴。
通常使用される縫合用の糸は美容整形で用いられる人体に害のない医療用糸で、
抜糸の必要がありません。

 

メリット
  • 術後に痛みが生じにくい
  • 傷跡の心配が不要
  • 元の状態に戻すことができる

 

デメリット
  • 剥き癖がつかず、元の状態に戻ってしまうことがある
  • 手術に適応する人が限っている

 

 

複合曲線作図法と、そのメリットとデメリット

切除する包皮のラインが亀頭によって隠れるようにし、手術痕を極力目立たせない
ようにする手術法。切除する余分な包皮は1人ひとりによって計算します。

 

メリット
  • 傷跡がほとんど目立たない
  • 出血量が非常に少ない

 

デメリット
  • 手術に約1時間程度時間を要する
  • 高度な技術を要する

 

 

根元部位固定法と、そのメリットとデメリット

包皮を剥いて亀頭が出る状態にしておき、包皮を医療用接着剤で固定する方法。
接着剤によって包皮に剥き癖をつけることで包茎を解消する方法です。
皮を全く切除しないことが特徴。

 

メリット
  • 身体への負担が少ない
  • 傷跡が残ることがない
  • 性感帯の感度が落ちることがない

 

デメリット
  • 術後の回復が早い
  • 時間が経過すると元の状態に戻ることがある

 

 

包茎手術ランキング