包茎治療ランキング

包茎の種類について

包茎には大きく分けて以下3つの種類があります。

 

1.真性包茎

包茎の種類とそれぞれのデメリット|真性、カントン、仮性

常にに亀頭が包皮を被った状態のペニス。
手で皮を剥こうとしても包皮の出口が狭いために亀頭を露出することが
困難で、無理に剥こうとすると出血してしまうことがあります。

 

亀頭と包皮が癒着しているケースが多く、勃起しても亀頭が露出せず、
セックスそのものがうまくいかないケースが多いです。

 

真性包茎は病気として認められ、包茎手術で
保険の適用が認められています。

 

放置しておくと、亀頭の成長が阻害されて先細りペニスになってしまいます。

 

常に亀頭が湿った状態ですので、細菌が繁殖しやすく炎症を起こしやすくなります。
不衛生な状態で放置しておくと、ペニスの癌である陰茎癌を招くリスクも高くなります。

 

亀頭が非常に敏感になっているため、セックスやマスターベーションで
痛みを伴うケースが多々あります。

 

真性包茎は病気として認められていますので、泌尿器科で保険の適用を受けて
包茎手術を受けることができます。

 

真性包茎は放置しておいても良いことは一つもありませんので、
一刻も早く手術を受けたほうがいいですよ。

 

 

2.カントン包茎

包茎の種類とそれぞれのデメリット|真性、カントン、仮性

カントン包茎は真性包茎の一種です。
真性包茎と同様、通常は亀頭が包皮に覆われています。

 

勃起時や手で包皮を剥くことができますが、包皮の出入り口が狭いため、
亀頭を露出した際に包皮がペニスを締め付けてしまうのがカントン包茎です。

 

包皮によって亀頭が締め付けられるため、亀頭がうっ血してしまい、
ペニスの先端が壊死してしまう場合もあります。

 

真性包茎と同様、通常は亀頭が包皮で覆われているので、亀頭の成長が阻害され、
衛生状態も良くないことから細菌が繁殖しやすく、性感染症にも感染しやすいです。

 

カントン包茎は、真性包茎の一種で保険を適用した包茎手術を受けることができます。

 

 

3.仮性包茎

包茎の種類とそれぞれのデメリット|真性、カントン、仮性

日本人の6割が仮性包茎と言われています。
通常は亀頭の先端が露出しているものの、亀頭全体が完全に
露出していません。勃起時や手で包皮を剥くことができます。

 

包皮が長いことが原因で通常時に皮を被った状態となっています。
日常生活で特別支障をきたすわけではなく、必ずしも手術が
必要ではありません。

 

基本的に保険の適用は認められていません。

 

常に亀頭が露出している人と比べると、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 亀頭の成長が遅れる
  • 不衛生で細菌が繁殖しやすい、悪臭を放ちやすい
  • 性感染症に感染しやすい
  • 亀頭が刺激に敏感になるため早漏になりがち

 

 

包茎のデメリット